空冷ポルシェターボのエンジンの保護に!

空冷ポルシェターボのエンジン保護に!

964カレラが今30周年を迎えました。 空冷ポルシェも、クラシックカーと呼ばれる年代に、そろそろ突入しようとしています。

ターボともなると、熱の負荷が凄まじく、エンジンに多大なダメージを与える前に、エンジン周りの補機類、ウエストゲートやタービン、ブローオフバルブ等々の補機類のメンテナンス、OHも大事な事です。

そのうちの一つとして、リン青銅ウエストゲードガイドのご紹介です。

長年の経年劣化でウエストゲートバルブにガタつきが出ます。 ガタつきが出てしまうと、異常なオーバーブーストになったり、その逆でバルブが閉じないようになったりという症状が出ます。

そのガタによって一番怖いのが、オーバーブーストです。

エンジンブローする恐れあり!!

そのため、同じオーバーホールするならば、熱に強いリン青銅が良いでしょう。

現に、15万キロ走行、更にサーキット走行などの過酷な環境でも、定期的に点検を行っておりますが、全くガタつきが出ていません。

エンジンがいくらしっかりしていても、補記類がダメな場合、エンジンの不調に繋がります。 あるいは、せっかくコンディションの良いエンジンなのに、壊れてしまう原因に繋がりますので、補機類のOH、修理は重要な事と思います。




  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle

© 2017 - R9 Racing.Inc All Rights Rserved

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

古物営業法に基づく表記