930RUF BTR ファンベルト編2 またベルトが緩んでる?

930RUF BTR ファンベルト編2

6月に当店初来店の際のご相談は<ベルトが緩んでいる>という案件でした。


ベルト編1に記載した通り、装着されていたベルトを外し、10×713のベルトをシム無しで装着しました。

R9の930ターボでテスト済みのベルトです。


今回、タービンブローで入庫した際に、ベルトは以前と同じの9.5×710の問題の純正ベルトに戻されていました。


そして、またまたベルトが滑っており、張りもダボダボでした💦


そこで、以前装着した10×713のベルトをシム無しで装着し直し、エンジン始動。

すると、ファンがケースにカンカン当たり、ファンベルトのアウタープーリーの芯がズレて回転しています。

オカシイのでエンジンをすぐに止めます。


もう一度ベルトを外し、フリーにした状態でオルタネーターのシャフトとファンを回してみると、シャフトは動いていないのにファンだけが回りました。


プーリーとファンと軸は一体で回るものなのでこれはオカシイです。


不安になり、ファンを装着したままの状態でキー溝を覗くと、キーがありませんでした・・・

オーナー様もその場で確認。


本当にキーが入っていないのか不安なので、そのままシャフトのキー溝に、極細のピックアップツールを挿してみると、ズボッと入ってしまう。

これは、キーが存在していない‼️‼️‼️


バラして確認すると、やはりキーはありませんでした😭

当店に、純正新品の在庫がたまたま1つあったので、キーを入れ対応出来ました😅

そして、10×713のベルトを装着しましたが、アウタープーリーがガコガコしてまだオカシイ。


確認すると、ファンとアウタープーリーの合わせ目が削れていました。

アウタープーリーも、弓形に削れていました。

キーが入っていなかった為、異常摩耗を起こしたのでしょう。

713のベルトではシム無しなので、アウタープーリーが溝に落ち込み、このベルトではもう対応出来ません。

本来ならばクーリングファンを交換すべき案件です。

対策として、シムの厚みを増やし、なんとか溝をクリアにするしかありません。


オーナー様がシムをたまたま沢山所有していたので、ディーラーが出した対策品の10×695に入れ替え、アウタープーリーもほぼ新古品に交換。

シムは5〜6枚入れました。


本当は、713のベルトでシム無しで装着するのがお金がかからないのですが😓シムをたくさん持っている方は、ディーラーの対策品ベルトでバッチリです👍

装着後、ブレずにバランス良く回っているか、再度確認。


これでようやく通常の状態に戻りました😆


いずれ、どこかのタイミングでファンは交換したいですね☺️✨


次回のRUF記事は、気になる部分の改善blogです✨

お楽しみに‼️


R9レーシングHP⬇︎

https://www.r9racing-jp.com/

📩r9.racingteam.911@gmail.com

🔻LINE友達追加/LINEお問い合わせ🔻

https://lin.ee/4ek3yGk

03-6336-0775


●小さなメンテナンスガレージ●


入り口にシャッターがございますので、インターホンを鳴らしていただくか、お声がけお願いします。 シャッターが閉まっていたり不在の場合もございますので、事前(当日可)にお電話またはメールにてご連絡下さるとスムーズです。


#r9porsche

#r9

#r9racing

#r9racingteam

#r9レーシング

#ポルシェ911

#porsche911

#porsche

#porschegram

#porsche911turbo

#porsche930

#porsche930turbo

#porschelovers

#911

#911turbo

#930

#930turbo

#aircooledporsche

#空冷ポルシェ

#空冷ポルシェ911

#空冷ポルシェ専門店

#空冷ポルシェメンテナンス

#フルオリジナル

#江戸川区ポルシェ

#porscheclassic

#porscheclub

#911gram

#ポルシェ

#ruf

#930