MiTo IMOLA インジェクター容量UP/油温計取り付け

ミトより容量の大きい、アバルト695のインジェクターへ変更♪

何故容量の大きい、インジェクターを入れるのか?というと、ブーストも上げているし、タービン、マフラー等色々やっている車両なので、吸排気の容量が上がっているからです。 吸排気の容量が上がると、燃焼効率を上げ、ガソリンの吐出量を上げてあげないと、ガソリンが薄くなっちゃうんですね。 バランスが悪くなり、エンジン、最終的にはピストンリングの破損に繋がります。

幸いな事に、ミトのフューエルポンプは余裕があり、強いです(^^)なので、変える必要はありません。

インジェクターだけで十分です!

ちなみに、R9では、MiToに使用するBOSCH製の大容量インジェクターも取り扱いしております。

あとは油温計取り付けです。

良い感じ!