SUGO200分耐久レースレポート2

最終更新: 7月23日

SUGO200耐レースレポート2


マルティニ号からポッポちゃんへバトンがうつります。

先月末に納車し、3日で作られたポッポちゃんのシェイクダウンです。


まだデフが無いため、空転するのでキツイ! 空転ポッポちゃんです。


また、1.4Lターボのため、2700cc超えのSタイヤクラスで走り過ぎると。゚(゚^ェ^゚)゚。かなりのマイナスになります。 もちろんラジアルタイヤです。

さて、、、

ブレーキがなんかオカシイ。


エアをかんだようになり、どんどん底付きしていきます(((;꒪ꈊ꒪;)))

つきに、底付きし過ぎてABSが効かずにロックし、ブレーキ時に白煙が!

(後ろを走っていた、おのきんホワイト様&おのきんグリーン様、ご迷惑お掛けしました)

ブレーキがスカスカなので、すぐにピットに戻ります。


慌てて待機していたピンク号に交代しますが、急な交代でマイクの配線を繋ぐミスもあり、ピット交代に4分ほどかかってしまいました・・・ 約2周ちょいの負担です!


総合8位から、13位まで落ち込みます。


そして、ポッポちゃん。 どうやら、パッドかローターの焼き入れが完全に出来ていなかったようです。フェード気味でした。 (ブレーキパッドはオリジナル配合のパッドですが、ローターはノーマルです。) ブレーキオイル関連は、ポッポオーナーが筋肉痛になりそうなほどきちんとやったのでそこは問題ありません。

早速エア抜きをし、ABSが効いているのか?テストし、ピンク号が戻るまで待機です!


(むしろ、ポッポちゃんじゃなくて、マルティニ号が走れば、タイム的にも良いのでは?)

↑そうなのです。 マルティニ号が走る方が、トータル的によかったのですが、、、 マルティニ号のオーナーが、赤ポッポ事故時の後遺症がある中走行した為悪化し、ヨタヨタ歩きのギブアップ状態に・・・


と、いうことで、ポッポを直す間にピンク号にかなり、かなりの燃費走行をしてもらい、ポッポ号に交代です!

^ - ^


ABSが心配なポッポでしたが、エア抜きしてからは快適に走行! やはりデフが無い辛さを身に染みながら走行です。

あと、カナードを早くつけたいところですね♪


残り時間30分をピンク号にかけ、間を繋ぎます!

そして、残り30分^_^

ラスト、ピンク号が追い上げ、、、!!!!


良いところに黄旗!セーフティーカーが。゚(゚^ェ^゚)゚。

SCのままレース終了になるか? 不安なところでしたが、SCがいなくなり、チェッカーまで残り5分!大混雑のバトルです!!

残り5分で総合13位から12位へ^_^

そして、無事にチェッカーを受けることが出来ました♪

色々ありましたが、とても楽しい200分でした!

大沼プランニング様、参加されたチームの皆様、応援していただいた皆様、、、関わっていただいた皆様、本当にありがとうございました

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle

© 2017 - R9 Racing.Inc All Rights Rserved

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

古物営業法に基づく表記