サーキット走行へのSTEP 1.2.3

サーキット走行するにあたって、まずはブレーキ!

どんなにパワーを上げても、止まらなければ意味がない♪

ブレーキングで抜かされてしまう・・・なんて良い方で、

ブレーキが抜けてしまったら大変です!

1番はじめに、ブレーキを強化しましょう。

・ブレーキホース交換(エア抜き・フルード込み)

・ブレーキパッド交換(R9オリジナル配合パッドあります♪)

詳しくは→こちら

✦ 車種によっては、キャリパーやディスク交換が必要です。(Caymanは必須!)

   MiToの場合はノーマルキャリパー(4POT)とノーマルディスクのままでOK!!

    2Pローター各種製作可能

ブレーキが止まるようになっても、コーナーで踏んでいけない!

車が流れていく!!のでは、楽しめません。

・全長調整式車高調

好みはありますが、最終的には、どこのメーカーのショックを使おうが、最後はスプリングで決まります。

(基本、望ましいのは、全長調整式のタイプです。)

吊るしで説明書通りに組み込み、それで終わるショップが多いですが、R9は、現在装着しているサスでもギリギリまで調整します。

仕様変更もご相談下さい♪

R9といえば、足まわりのセッティングです♪

詳しい説明は→こちら

参考価格 スプリング変更込み

 

Alfaromeo MiTo 

ノーマルスペック

¥146,000~

サーキットスペック

(リヤのロアーシートをワンオフ制作)

ステージに合わせてのスプリングにより、価格が異なります。

¥210,000~

✦MiToの場合は電子制御ON/OFFスイッチ取り付けをオススメします。

 FSWでのタイムが4秒以上変わります。

¥10,000

Porsche 987Cayman

ノーマルスペック

¥154,000~

サーキットスペック

(リヤのアッパーシートをワンオフ制作)

ステージに合わせてのスプリングにより、価格が異なります。

¥220,000~

✦ ロールケージ装着予定の車両は、先にロールケージを装着しましょう。

 ボディ剛性が変わるので、足回りのセッティングをやり直す事になります。

その他、お好みで

・スペーサー

・スタビリンク

・キャンバーシム

・アッパーマウント強化

・ホイール交換

・タイヤの選択

など♪

✦アライメントはしっかり取りましょう!✦

絶妙なアライメント数値で調整いたします。

STEP1.2以降は、

車両の状況やオーナー様のお好みで!

止まる、曲がるの基本は完成しましたね。

ブレーキング時やコーナー最中の車のヨレが気になる車両はコレ!

どの部分がへたっているかは、メカニックが試乗して確認できます。

車種型式によって色々ありますので、お問い合わせください。

MiToの場合

・エンジンダンパー(シフトの入りが良くなります)

上側 ¥10,000(税別)部品代・加工工賃込み

下側 ¥15,000(税別)部品代・加工工賃込み

・強化ブッシュ(ブレーキング時のヨレ対策)

スタンダード強化ブッシュ

フロント(前後) ¥44,000(税別) 工賃 ¥30,000(税別)

リヤビーム   ¥15,000(税別)     工賃 ¥23,000(税別)

サーキットスペック強化ブッシュ (工賃は変わりません。)

フロント(前後)   ¥47,000(税別)

リアビーム   ¥18,000(税別)

・ロアエンジンマウント強化ブッシュ

・強化スタビブッシュ

・ロアーバー強化加工

・アッパーマウント強化 など

964ターボの場合

・ミッションマウント強化ブッシュ

・強化スタビブッシュ

・ステアリングラック強化ブッシュ ¥9,000(税別)

・エンジンマウント交換

・ロアアームブッシュ

etc・・・

・エアクリーナーで吸気量UP!

(964turboワンオフ製作可能)

・アクチュエーター強化

ブーストがしっかりかかり、ピックアップが良くなります。

・ブローオフ(ディバーター)バルブ大気開放ファンネル

排圧を抜きます。

・スポーツキャタライザー/キャタライザー加工

 排気効率UP!トルク&レスポンスUP⤴︎

・マフラー(中間パイプ/リヤピースマフラー製作可能)

排気効率UP!エンジンのパワーUP!軽量化!

メーカー品を全てに取り付けるより、一部純正の方がパワーが出ることもあるので、要注意。

​​

・タービンチューニング(R9の醍醐味です)馬力UP⤴︎

詳しくは→こちら

 ⚠️タービンをチューニングする前に、インタークーラー取り付けは必須です♪

・プラグ/プラグコード

空冷ポルシェの場合は、プラグはBOSCHの純正をオススメします。

熱化型のプラグを入れる前に、エンジンの温度並びに吸気温度を下げましょう。

イリジウムのプラグは、6気筒点火しているけれども、5000回転から上が回りません。(FSWにて964turboやGTRにてテスト済み)

空冷の場合は、プラグコードも純正が一番良いです。

・ダイレクトイグニッション

ちゃんとしたメーカーのものであれば、強化品の方が良いです。

例えば、RBのエンジンに対して、35GTRのイグニッションコイルを使用すると、電力UPで良いですよ♪

・大容量インジェクター

チューニングに応じてガソリンの吐出量を上げてあげないと、馬力をあげてもガソリンが足りず、意味がないんです。容量UPしてあげましょう♪

・LSD

コーナーの立ち上がりや、コーナーのボトムスピードが上がります!

サーキットでグリップ走行するならば、1.5WAYで十分です♪

・強化クラッチ

​サーキット走行するにあたり、ノーマルのクラッチでは滑ったり、クラッチカバーの爪が折れます。シングルでもツインプレートでも、馬力に応じて強化タイプのものを選びましょう。

(MiToはノーマルクラッチのままです)

・ショートシフター

964turboの場合、5速のHパターン式ですが、ストロークが長いです。

かといって、あまりにショートストロークにすると乗りにくいので、964RSのシフトキットを入れると乗りやすいです♪

他車種でも、色々あるのでお好みで♪

・ミッションギア比変更

空冷ターボで筑波を走るには、ファイナルを変更しないとタイムが伸び悩みます。

しかし、ファイナルを変えると、FSWでは吹け切ってしまい、またまたタイムが出ないので、ステージを決めてから手を出しましょう。

・ECU書き換え

・サブコン取り付け

・フルコン(LINK取り扱い)

・カナード

・リップスポイラー

・アンダーパネル(フラットボトム)

FRPから、GTカーに使用されているドライカーボン(間はハニカム構造)までご用意可能

・ウイング

・Aピラーカバー(930~993用)

etc・・・

ストレートやコーナーでの安定感が変わります。

・内装はがし

・アクリルウインドウ/ポリカーボネートウインドウ

・ドアの内張りFRP交換

etc・・・

ご自身の軽量化も頑張りましょう(^v^)笑

・オイルクーラー

空冷turboの場合は元々装備されていますが、500馬力を超えてくると、追加で必要です。

オイルの絶対容量が少ない車は、パワーを上げると熱交換が激しくなるのでオススメです。

車種にもよりますので、取り付けの必要の有無はご相談ください。

・大容量インタークーラー

ブーストがたれると感じた時はコレ!

・NACAダクト

エンジンなどの冷却に!

・インタークーラーエアガイド

吸気温度が下がります。空冷ターボ用!

etc・・・

・バケットシート RECARO取り扱い有り

・4点/6点式シートベルト取り付け

・ステアリング変更・ステアリングボス取り付け

MiToの場合、ステアリングの位置を更に低くすることも可能です。

・レーシングスーツ/シューズ/グローブ/フェイスマスク/インナー/ヘルメット

カート用〜FIA公認スーツまで試着・ご紹介可能

お好きな色の組み合わせや、プリントも出来ます。

・消化器 FIA公認

・牽引フック FIA公認

・リヤフォグランプ FIA公認

・各種メーター取り付け

・デジタルインナーミラー

・オンボードモニター

・ボンネットピン

etc・・・