​Alfa Romeo Mito 1.4 Turbo "POPPO"

アルファロメオチャレンジ 通称アルチャレ参戦車両。

R9ポッポの名で、レースA150-2参戦中。

レギュレーションを守るのは、限りなくN1規定に近い中で、サス、デフ、ブレーキパッドオイルクーラなどのライトチューンで設定。

右回りサーキットにあった車高、アライメントのノウハウが詰まった1台

​仕様:

ダンパ:R9オリジナル

スプリング:ベステックス

パッド:R9オリジナル

ブレーキホース​:ステンメッシュ

ホイール:ADOVAN

マフラー:ワンオフ

インタークーラー:変更

LSD:変更

ECU:PPS

​Porsche 964 Turbo

​Martini Racing

​ポルシェのパーツは、レーシングマシンからのキャリーオーバーであり、ワークスマシンのパーツ、レース車両のサスなどを最適に組み合わせたマシン。25年間現役で走り続けるため、ノウハウが詰まった1台 

約430ps前後

KEジェトロシステムのままなので450psが限界。その手前の430psに抑えています。

​仕様:

エンジン:ノーマルベース フルバランス取り(OH後、サーキット走行しながら25万キロ経過しておりますが、未だに不具合なし。圧縮比は6.45。規定の圧縮比は6.5なので、ほとんど変わっていません。バルブガイド・シートリング・スタットボルトなどは強化しています

クラッチ:964RS

ダンパ:964CUPベースで仕様変更

スタビリンク:ピロボール

スプリング:ワンオフ

パッド:R9オリジナル

キャリパー:3.6ターボ

ブレーキホース​:ステンメッシュ

ホイール:TE37

エアロ:ベルグFバンパー GT2ウイング

ECU:KEジェトロ ノーマル

フューエルライン:一部仕様変更

タービン:KKKワークスタービン

マフラー:ワンオフ

​Porsche 964 Turbo

​Ruby stone Red Martini

Martini号とは違うアプローチで製作されている1台。ノーマルの良さを活かしつつ、ベース車がストリート仕様であったものを耐久イベント・レース用に変更。単純にPowerを追うのでは無く、サーキットを軸にセッティングし、最新のLinkフルコンで制御。ブースト抑えめで約480ps。

​仕様:

ダンパ:R9オリジナル

スプリング:R9オリジナル

パッド:R9オリジナル

ブレーキホース​:ステンメッシュ

ホイール:ENKEI

エアロ:湾岸タイプバンパ(更に加工)、カナード、カーボンボンネット、3.8タイプウイング(加工)、ハイマウントウイング

ECU:Link

​Porsche 964 Carrera2

フルノーマルの964カレラ2からの改造車両。

エンジンフルOH時に、ピストンの重量合わせ・クランクシャフト、クランクプーリーフルバランス取りしています。インテイクポート研磨、バルブガイドはリン青銅に打ち換え、スタットボルト強化など。

馬力は30~40psほど上がっていますが、長く安心して走れる、耐久レース向けのライトチューン車両です。約300ps

仕様:

エンジン:フルバランス取り

ダンパ:ジール

スプリング:ベステックス ピローアッパーマウント

パッド:R9オリジナル

ブレーキキャリパー:F 964ターボキャリパー ローター:355 2P

R キャリパーローター 964RS用

ブレーキホース​:ステンメッシュ

LSD:964RS LSD

エアロ:カナード、3.8タイプウイング(加工)、ハイマウントウイング

マフラー:ワンオフ

エキマニ:等長

ECU:ロム交換

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle

© 2017 - R9 Racing.Inc All Rights Rserved

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

古物営業法に基づく表記