​Porsche 964 Turbo
​Ruby stone Red Martini

IMG_9470.JPG

Martini号とは違うアプローチで製作されている1台。

ノーマルの良さを活かしつつ、ベース車がストリート仕様であったものを耐久イベント・レース用に現在変更中!

単純にPowerを追うのでは無く、サーキットを軸にセッティングし、Linkフルコンで制御。

ブースト抑えめで約480ps。

​仕様:

サスペンション:R9オリジナル

スプリング:R9オリジナル

パッド:R9オリジナル

ブレーキホース​:ステンメッシュ

ホイール:ENKEI

エアロ:湾岸タイプバンパー(更に加工)、カナード、カーボンボンネット、3.8タイプウイング(加工)、ハイマウントウイング

ECU:Link (R9 SPLmap)

オイル:METEOR OIL R9SPL

★拘りポイント★

エンジン以外、配線からホース類、各パーツのO/Hや交換など、基本的な部分は全て直しました♪

仕様に合わせてセッティングしていくLinkのmapは拘っています。

現在エンジンO/H中!

Ruby stone Red Martini号購入後の変身BLOGはこちら★↓↓↓

1.  購入してからの修理/作り直しをまとめました。

時速30キロでブレーキロック:ABSの故障/AF計から煙が!/エンジン不調LINK化へ/5000回転以上回らない/ブースト不安定/タービントラブル→K28タービンへ/吸気温度調節/2・3番がヘリサート・タイムサート毎吹き飛んだ

2.1の作業詳細 マフラー消音可変バルブ固着修理/インタークーラーからの吸気温度MAPセッティング/LINK

3.1の作業詳細 二次エアー吹き抜け修理

4.吸気温度が上がりすぎている。10度も下がりました!

5.マフラーが赤くなる・・・マフラーの選び方のお話

6.エンジン上・下まわり点検整備/スタビライザー加工

7.6気筒全てから排気漏れしているのが発覚

8.足回り変更

9.エンジンの異音と社外品

10.マフラーの強度の確認

11.純正中古エキマニに戻します

12.危機一髪のエキマニ。純正に戻す理由

13.ワンオフマフラー装着

14.鈴鹿サーキットにて炎上寸前?ガソリン漏れの原因は溶接の仕方だった。

15.かぶって吹けないのでプラグ交換

16.油温が上がりすぎて、FSW2周で制御が!

酷いオーバーヒートの原因サーモスタット編 1 サビで固着していたピン

酷いオーバーヒートの原因サーモスタット編 2 バラバラ&ロックしていた証拠

酷いオーバーヒートの原因サーモスタット編 3 何故壊れたのかの原因追求

酷いオーバーヒートの原因サーモスタット編 4 他店による謎なスプリング調整?

17.油温が下がらない問題対策:ダクト形状変更

18.GT2EVOカムではない疑惑のお話

19.リジットエンジンマウントに変更

20.カスタムバンパーからレーシングバンパーへ加工

21.インナーフェンダー加工/オイルホースの取り回しと位置変更/LINK追加セッティング

22.NACAダクト/ポリカ製リヤウインドウ取り付け

取り付け準備

取り付け準備2

装着!

23.FIA公認リヤフォグ装着

24.オンボードモニター取り付け

25.前オーナー時代のエンジンブローの原因発覚!?オイルクーラーが・・・1

前オーナー時代のエンジンブローの原因発覚!?オイルクーラーが・・・2

26.ウェイストゲートO/H済みという言葉に騙された・・・ブースト不安定/ピストンリングが逝く可能性も

27.ウェイストゲート㊙︎メンテナンス

28.LINKのAF MAPに制御がかかる原因 O2センサーの劣化​